安久温泉 養浩館

都城の温泉
安久温泉 養浩館

妻と温泉に行こうか、という話になって、都城の安久温泉 養浩館に行ってきました。初めて入る温泉です(実際は鉱泉のようですね)

宮崎県都城市安久町703−2
  • 所在地 宮崎県都城市安久町703−2
  • 電話番号 0986-39-0708
  • 営業時間 8時から20時
  • 定休日 毎週水曜日
  • 入浴料 300円
  • 入浴日 2015.11.02妻と
  • スポンサーリンク

    静か。ゆっくり出来る。思っていた以上に良かったです。

    DSC06037

    DSC06038

    DSC06035
    安久温泉 養浩館は、国道222号線沿い、宮崎交通バス安久温泉から、細い道を入ってすぐです。

    DSC06041

    DSC06042

    DSC06043

    DSC06044

    DSC06039

    DSC06040
    安久川沿いにひっそりと佇んでいました。

    DSC06045
    営業時間です

    DSC06046
    玄関入ってすぐ。ジャズがかかっていました。調理場で入浴料を払ってお風呂へ向かいます。

    DSC06052

    DSC06051
    シンプルな湯船が一つ。6畳ぐらいかな。カランは5つだったかな。お湯と水をそれぞれボタンを押して出す仕組みです。

    水のボタンが固くて、お湯の温度を調整するのに少し苦労しました。シャンプー固定石鹸がありました。シャワーは男湯には一つだけありました。

    実は、僕は、温泉は好きだけど、沸かし湯の冷鉱泉はあんまり好きではありませんでした。でも、なんだか、ゆっくりと、じんわり浸かることが出来てとても気持ちよかったです。サラッとした感じのお湯でした。

    窓からはお庭を眺めることが出来ます。とっても癒やされました。

    DSC06053
    脱衣場です。

    DSC06059

    DSC06054

    DSC06055

    DSC06056

    DSC06057

    DSC06058
    食事休憩が出来るようですね。

    DSC06061

    DSC06062

    DSC06060
    フェイスブックの情報で、安久温泉 養浩館には猫がいると聞いていたのですが、2匹確認しました。美しくて綺麗な猫でした~

    DSC06066

    DSC06065
    記念写真をパチリ

    DSC06074

    DSC06067

    DSC06069

    DSC06070

    DSC06072

    DSC06073
    近くを散策。安久川にかかる温泉橋。昭和49年3月に竣工。当時はどんな様子だったんでしょうね。とっても良い冷鉱泉でした。

    妻です。

    入浴料300円の温泉って、久しぶりに入った気がします。

    鹿児島では、これくらいの料金で当たり前に入浴出来ていたので、なんだか懐かしい気持ちにもなりました。

    建物自体は古い感じですが、中に入るとキレイに掃除がしてあって心地良い感じです。

    ガランのお湯と水がプッシュ式なので、髪と体を洗うのに時間がかかりましたが、無駄遣いをしなくていいなぁと妙に納得しました。

    お湯は、肌にやさしい感じがしました。熱さもちょうど良くて、気持ちよく入浴できました。

    画像にもありますが、養浩館のそばの閉館している建物。「安久○○」と下の部分だけが消してあります。

    「温泉」と書いてあるような、ないような。。。

    あちこちに塩が盛ってあったりして、なんだかとても気になりました。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました